Windows10用USキーボードの全角日本語 ⇔ 半角英数字、ひらがな ⇔ カタカナ入力切替方法

USキーボード

USキーボードは私たちが見慣れている日本語メインのJISキーボードから、一部よく使うキーが排除されています。

中でも半角 / 全角キーやカタカナ / ひらがなキーがない点が特にUSキーボード初心者にとって鬼門。

このため全角日本語 ⇔ 半角英数字、ひらがな ⇔ カタカナの切り替えがJISキーボードと違います。

今回は初めてのUSキーボードに戸惑う初心者のみなさん向けに、主な代替キー・ショートカットキーをご紹介します。

全角日本語 ⇔ 半角英数字 切り替えキー

US配列キーボードの半角/全角切り替え

  • 全角かな ⇔ 半角英数字入力切替:Shift + CapsLock
  • 全角日本語 ⇔ 半角英数字入力切替:Alt + `
  • 半角英数字 > 全角ひらがな:Alt + CapsLock
  • 半角英数字 > 全角ひらがな:Ctrl + CapsLock

USキーボードの場合、全角 / 半角キーの代わりに Shift + CapsLock か Alt + ` キーで全角かなと半角英数字を切り替えることができます。

`キーは左上の角。数字1キーの左側にあるキー。要はAltを押しながらJISキーボードの全角 / 半角 に位置にある`キーを押せばオッケーです。

またAlt + CapsLock か Ctrl + CapsLock でも半角英数字から全角日本語に切り替えることができます。が、切り替えがトグルではなく一方的で、反対に全角から半角への切り替えができません。

トグル切り替えができる Shift + CapsLockAlt + ` の方が実用性は高いので、Alt + CapsLock や Ctrl + CapsLockは覚えなくても良いでしょう。

Shift + CapsLock と Alt + ` の違い

Shift + CapsLock と Alt + ` には微妙な違いがあります。

Alt + ` は全角日本語側がひらがなだったかカタカナだったかを記憶して切り替えます。

英数字に切り替える前に全角カタカナで入力していた場合、Alt + ` で英数字から全角に切り替えると、全角カタカナ入力に戻ります。

Shift + CapsLock は常に全角かな / 半角英数字を切り替えるので、全角カタカナを使っていた場合でも全角ひらがなに戻る点に違いがあります。

ひらがな ⇔ カタカナの切り替え

USキーボードのひらがな⇔カタカナ切り替え

  • 全角ひらがな > 全角カタカナ:Alt + CapsLock
  • 全角カタカナ > 全角ひらがな:Ctrl + CapsLock

全角ひらがなの状態で Alt + CapsLock キーを押すとカタカナに、全角カタカナの状態で Ctrl + CapsLock キーを押すとひらがなに切り替わります。

トグル切り替えではなく一方通行的な切り替えなのでちょっと面倒ですが、カタカナもよく使う方は憶えておくと良いでしょう。

どちらも先述の半角英数字 > 全角ひらがなと同じキーなのでややこしいです。全角か半角状態かで動作が違うので注意しましょう。

Windows用USキーボード 全角日本語 ⇔ 半角英数字切替、ひらがな ⇔ カタカナ切替方法まとめ

  • 全角かな / 半角英数字入力切替は Shift + CapsLock
  • 全角日本語 / 半角英数字入力切替は Alt + `
  • 全角ひらがな > 全角カタカナ:Alt + CapsLock
  • 全角カタカナ > 全角ひらがな:Ctrl + CapsLock

USキーボードを買って最も戸惑うのが、JISキーボードでは左上角にある半角 / 全角キー自体がないことではないでしょうか。

JISキーボードでは使用頻度が高いのに、USキーボードでは排除されています。他にも記号を中心にキーの配置が微妙に異なっており、慣れるまではちょっと使いづらいです。

が、やはりUSキーボードの方がスマートでカッコいいですし、実はキー配列も打ちやすいよう工夫されているものです。

JISキーボードもUSキーボードも使ってみて、しっくり来た方を使うと良いでしょう。