Windows用USキーボードの全角かな ⇔ ローマ字入力の切り替え方法

キーボードイメージ

一般的なJISキーボードなら、全角かな打ちとローマ字打ちはカタカナ / ひらがなキー + 変換キーで切り替え可能です。

が、USキーボードにはカタカナ / ひらがなキーも変換キーもありません。

誤動作で全角かな打ちになりローマ字入力に戻したい方やあえて全角かな打ちをしたい方のために全角かな ⇔ ローマ字入力の切り替え方法&ショートカットキーについて解説します。

全角かな、ローマ字入力の切り替えショートカットキー

USキーボードの全角かな打ち⇔ローマ字打ち切り替えショートカットキー。

  • 全角かな ⇔ ローマ字入力切替:Ctrl + Shift + CapsLock

左下のCtrl(コントロール)キーから2つ上のCapsLockまでを押しっぱなしにしながら順に押します。

よく使う全角日本語と半角英数字の切り替えキーの Shift + CapsLock にCtrlが加わるだけで、全角かな ⇔ ローマ字打ちの切り替えになってしまいます。

誤動作によって全角かな地獄に堕ちてしまった時のために憶えておきたいところですね。

全角日本語 ⇔ 半角英数字の切り替えショートカットキーについては下記関連記事リンクよりどうぞ。

USキーボードの全角かな ⇔ ローマ字入力の切り替え方法 まとめ

  • Ctrl + Shift + CapsLockで全角かな ⇔ ローマ字入力を切替できる。
  • よく使う全角かな ⇔ ローマ字打ちの Shift + CapsLock に近いので注意。

あまり一般的ではありませんが、少ない手数で多くの文字を打ち込める全角かなを愛用している方も多いかと思います。

ただ、USキーボードでは特に全角かな入力時の む の配置が大きく変わっています。慣れている人ほど辛いので全角かな打ちメインの方にはあまりUSキーボードはオススメできません。