MacBook、Magic KeyboardでDELETEキー代わりになるショートカットキー【ファイル・テキスト削除】

MacBookBirもMacBookProもMagic Keyboardも、Apple純正Mac用キーボードMagic Keyboard(テンキーレス版)にも、⌦DELETEキーがない。ないのです。

Windows用のキーボードだとテンキーレスでも大体ついてるんですけど。

でもご安心ください。⌦DELETEキーがないMacBookでもテンキーレスMagic KeyboardでもWindowsのDELETEと同様の働きをするショートカットキーがあります。

DELETEとなるショートカットキー

forward deleteキーがないMacBookのキーボード

MacBookのキーボードやテンキーレスMagic Keyboardに⌦DELETEキーがないけれど。

カーソル後ろの文字を消す ⌃control+D
Finderでファイル削除 ⌘control+⌫Backspace

その他、アプリによっては⌫Backspaceを押すだけでWindows版のDELETEでの働きをすることもあります。

たとえばAdobeのPhotoshop / Illustratorでオブジェクトやレイヤーを消したいとき、⌫Backspaceを押すだけで削除可能だったり。

なので、Windowsで慣れている方はWindowsでDELETEキーを押すシチュエーションでは⌫Backspaceや上記ショートカットキーを試してみてください。

そもそもWindowsとMacとではDELETE / Backspaceの考え方が違います。

本記事では便宜上⌫をBackspace、⌦をDELETEと表記してますが、Macでの本来の表記は⌫delete / ⌦forward deleteが正確。

WindowsのBackspaceがMacにとってはdeleteであり、WindowsのDELETEがMacではforward deleteなのです。

まとめ:MacBookでDELETEキー代わりになるショートカットキー

  • MacBook、MacBookAir、MacBookPro、テンキーレスMagic Keyboardには⌦forward deleteキーがないが、ショートカットキーで代用可能。
  • テキスト入力中、カーソルより後ろの文字を消したいときは⌃control+D。
  • Finderでファイルを削除したいときは⌘control+⌫Backspace