【Mac Finder】ファイルを移動させる切り取りショートカットキー

2019年3月14日

Macのショートカットoptionキーイメージ

Windowsユーザーには信じられないことですが、MacのFinderでは⌘Command+Xでファイル切り取りができない仕様です。Option+XでもControl+Xでもダメ。

⌘Command+Cでコピーと⌘Command+Vの貼り付けはできます。しかしこれでは移動ではなくただの複製。いわゆるカット&ペーストしたいときにはいちいち元のファイルを削除しないといけません。

実はショートカットキーが違うだけで、Macでもファイルの切り取り&貼り付けでのファイル移動可能です。

この切り取り方式、わかってしまえばWindowsのショートカットよりむしろ合理的かも?

Macは貼り付け時のショートカットキーでコピーか貼り付けかを選ぶ

Mac Finderでのファイル切り取り&貼り付けは普通にコピーして貼り付けるときにショートカットキーを打つことで行います。

⌘Command+C → ⌘Command+⌥Option+V

つまり、いつもの貼り付けショートカット⌘Command+Vに⌥Optionを加えるだけ。

これでコピーではなく貼り付け先にファイルが移動される切り取り&ペーストとなります。

Mac Finder 貼り付けショートカットのメリット

実はFinder以外のソフトではWindowsと同じく⌘Command+Xでテキストの切り取りもできますし、PhotoshopやIllustratorなど画像編集系のソフトでもオブジェクト・レイヤーの切り取りがショートカットとして機能します。

なんとも特殊なFinderのコピーか切り取りかをあとで選択できるショートカットキーには利点もあります。

例えばデスクトップにあるファイルをA、Bフォルダにコピーし、最終的にCに移動させたい場合。

Windowsと同じであればデスクトップのファイルを⌘Command+CでコピーしてA、Bフォルダにペースト。そのあとファイルを⌘Command+Xで切り取りに切り替えて、Cフォルダに貼り付ける必要があります。

しかしMac Finderの方式であればファイルを⌘Command+CしたあとA、Bフォルダに⌘Command+Vでペースト。最後にCフォルダに⌘Command+⌥Option+Vで切り取りペーストするだけでOK。

このように同じファイルを複数の場所に振り分けたいときなど、手間が少し少なくて済みます。私の場合素材をダウンロードしたり撮ったスクショを振り分けるときなどにとても便利に使えています。

まとめ:Macのファインダーでファイルを切り取り&貼り付けするショートカットキー

  • MacのFinderでは⌘Command+Xでのファイルの切り取りができない仕様。
  • ⌘Command+Cでコピーしたあと、⌘Command+⌥Option+Vでカット&ペースト可能。
  • PhotoshopなどほかのアプリやテキストなどはWindows同様⌘Command+Xで切り取りできる。

テキストとかPhotoshopの画像とかは普通に⌘Command+Xで切り取りできるのになぜかFinderだけショートカットが違うんですよね。

かといってファイルを移動させるのにいちいちマウスでドラッグ&ドロップするのもちょっとめんどくさい。

でもわかってしまえばなんてことない。むしろちょっと便利なくらい。よく使うショートカットですので覚えておきましょう。