【Photoshop】拡張子.psbのPSBファイルとPSDファイルの違いとは?

2018年10月4日

PhotoshopのPSDファイルとPSBファイル

意外と知られていないのですが、Photoshopの保存形式には PSD のほかに PSB が存在しています。

拡張子だと .psd と .psb が似ているため気づかなかった方も多いのではないでしょうか。

実際ほとんど同じようなものではありますが、若干の違いとPSBファイルならではのデメリットもあります。

謎のPhotoshop拡張子 .psb のPSBファイルとは

PhotoShop Bigdocument(フォトショップビッグドキュメント形式)の略でPSB。

要は「 PSDでは保存できないような大きなファイルですよ~ 」ってものです。

下記条件を満たす大きいファイルは自動的にPSBファイルとして、拡張子 .psb で保存されます。

PSBで保存される条件

一定の条件を満たすと自動的にPSBファイルとして保存されるようになる

一定の条件を満たすとPSDは選べず、強制的にPSBファイルとして保存することに。

  • ファイルサイズが2GB以上
  • 縦 もしくは 横幅が30000pxを超える
  • HDR や 32 bit / チャンネルの画像

上記条件をを満たすとファイルの保存形式としてPSDを選べず、強制的にPSBファイルとして保存することになります。

PSDファイルの仕様上、2GBを超えたり縦か横幅が30000pxを超えるファイルは保存できないためです。

初代Photoshopが登場してからもうかなりの年月が経ちます。ファイル拡張子として .psd を策定するときには2GBを超えるファイルなんて想定していなかったのでしょう。

実際、私のようなしがないWEBデザイナー程度が使う分には30000pxも2GBもそうそういきません。

が、DTP3DやCGを描くような方だと、2GB超えることも珍しくもないでしょう。(本格的にDTPやる方はIllustrator使うと思いますけど)

そうした需要のために、PSDよりも大きなファイルを保存できるよう .psb拡張子のPSBファイルが用意されたのです。

PSB形式なら横幅、高さともに300000pxまでのファイルを作ることが可能です。

この辺りの事情はExcelの .xlm と .xlmx の関係性に似ていますね。

PSBファイルのデメリット

  • PSBファイルではフィルタなど一部機能が制限される
  • 古いバージョンのPhotoshopではPSBファイルを開けない

拡張子が .psb のPSB形式で保存したファイルでも、基本的にはPSDファイルと同様Photoshopで開いて編集が可能。

ですが、一部機能が制限されます。

また、バージョンの古いPhotoshopはPSBファイルに対応していないため開くことができません。

具体的には

  • 2GB未満のPSBファイルはCS以降
  • 2GB以上のPSBファイルはCS4以降

で開いて編集することができます。

いまさらCS4より古いバージョンのPhotoshopを使う方も少ないでしょうし、制限される機能を使わないようであればPSBでなんら問題ありません。

が、もしバージョン制限や機能制限が困るのであれば、可能な限り横幅も高さも30000px以内、ファイルサイズも2GB以内に収めるようにしましょう。

多少面倒ではありますが、PSBで保存されても画像の内容を分割 or 縮小してPSDファイルに移せばこうしたデメリットは回避できます。

PSBはいつでも選べる

先述のとおり、PSBとなる条件を満たすとPSBファイルとして保存されることになりPSDを選ぶことはできません。

が、PSDで保存できるファイルをPSBで保存しておくことは可能です。

PSBファイルに特にメリットはありません。

が、将来的にPSBになる予定のファイルは最初からPSBファイルとして保存しておくのはありでしょう。

PSDファイルで作業していると、条件を満たしたときにPSB形式の別ファイルとして保存することになり、ファイルが2つになってしまうためです。

ファイルの枝分かれは混乱の元ですから、のちのちPSBになるとわかっていれば最初からPSBとして保存してファイルをひとつにまとめておこうってわけです。

まとめ:PhotoshopのPSBとは

  • Photoshop Bigdocumentの略で、大きなファイルは強制的にPSB形式(.psb拡張子)で保存される。
  • 縦か横幅が30000pxを越えるか、ファイルサイズ2GB以上がPSBファイルとなる条件。
  • ほか、HDR や 32 bit / チャンネルの画像もPSBファイルとして保存される。
  • PSBファイルはバージョンの古いPhotoshopでは開けなかったり、最新バージョンでも一部機能が使えないデメリットがある。