【Photoshop CC】簡単!一瞬でガイドを縦横中央に置く方法 4選

2018年9月3日

Photoshop縦横中央ガイドアイキャッチ

Photoshopを使ってバナーやイメージ画像を作る際、よく縦横中央に中心線としてガイドをおきますよね。

ただ、いちいち計算して位置指定するのも地味に面倒であまりスマートではありません。

そこで、簡単に縦横ど真ん中、中央にガイドを置く方法を解説します。

うち2種類はアクション登録にも対応しスマート。残る2種の方法は特に設定せずその都度置くのに適しています。

新規ガイドレイアウト機能を使う

新規ガイドレイアウトを作成で作った縦横中央ガイド

新規ガイドレイアウトを使えば一発で中央ガイドが置ける。

Photoshop CC縦横中央ガイドにおける大本命が「 新規ガイドレイアウトを作成 」機能を使う方法です。

この方法なら縦横中央部分だけでなく、カンバスの外枠にもガイドがつきます。やり方もそう難しくありません。

新規ガイドレイアウトを作成の設定

新規ガイドレイアウトの設定画面。

  • 表示
  • 新規ガイドレイアウトを作成
  • 列と行にチェックをつけ、双方の数に2を入力
  • 幅 / 間隔はカラにし、マージンのチェックは外す
  • OKをクリック

要は上記画像と同じ設定にしてOKをクリック。これでカンバスサイズに関わらず、縦横中央&カンバス外枠部分にガイドが設置されます。

後述するアクション機能と組み合わせると一瞬で置けるようになります。

新規ガイド機能を使う

新規ガイドの位置欄に50%と入力した結果

新規ガイド機能で50%指定する

アクションの解説に行く前にもう一つ。「 新規ガイド 」機能を使って簡単に縦横中央ガイドを設置する方法もあります。

新規ガイドレイアウト機能を使うとカンバスの外枠部分にもガイドがついてしまいますが、新規ガイド機能なら縦横中央だけにガイドを置けます。

手順は下記の通り。

  • 表示
  • 新規ガイド
  • 位置 に50%と入力しOKをクリック
  • 縦中央にガイドがひかれるので、もう一度新規ガイドを開く
  • 垂直方向 選択後、位置に50%と入力しOKをクリック

新規ガイドの位置欄に50%と入力する

垂直方向 / 水平方向それぞれで50%指定でガイドを設置する。

新規ガイド機能はデフォルトで位置欄に0pxとあるため、絶対値の指定しかできないと思われがちです。しかし%を使っての相対指定も可能なのです。

こちらの方法だと縦横(垂直方向 / 水平方向)でそれぞれで新規ガイドを設定するため2度新規ガイド画面を開く必要があり、手間は若干増えます。

が、こちらもアクション機能に登録してしまえばワンタッチで両方の手順を繰り返してくれるので、一瞬で中央線が引けます。

アクションでワンクリック

アクションに登録→ショートカット設定すればワンタッチで縦横中央ガイドがおける

ワンクリックで作業を再現するアクション機能。

「 新規ガイドレイアウトを作成 」でも「 新規ガイド 」でもアクション機能に登録させればワンクリックで縦横中央ガイドが置けるようになります。

アクションとは「 手順を記憶させて再現する 」機能。

いうなれば手順を録画して繰り返させることができるってPhotoshopの機能です。

アクションに記憶させてしまえば、いちいち新規ガイドの位置に50%と入力したり新規ガイドレイアウトでチェックをつけたり入力欄をカラにしなくてもよくなるのです。

任意のショートカットキーを割り当てることもできるのでよく使うアクションは割り当てるといいでしょう。

(私はShift+F3を縦横中央ガイドショートカットキーにしています)

よくガイドを置いては消してはを繰り返す方は、新規ガイドレイアウトの項目でも述べた「 全てのガイドを削除する 」もアクション登録しておくと便利。

手作業でガイドを置くときはコチラ

新規ガイド機能と新規ガイドレイアウトを使った方法はアクションに対応しているメリットはありますが、手作業でやるにはちょっと手数があります。

「 アクションなんて使わない手作業が一番(意訳:メンドクセー) 」なんて漢なアナタには下記の方法がオススメ。

スナップ&手作業

スナップ機能を使った手作業

一番基本的な手作業方法。

Ctrl+Rで定規を表示させ、定規上からドラッグ&ドロップでガイドを真ん中にもってくる方法です。一番基本的な方法。

スナップをオンにしておけばガイドが中央でピタッと止まってくれます。磁石にくっつくように。

もしくはガイドの位置を中央の位置に座標指定するのもあり。ちょっと面倒だけど。

切り抜きツールを使う

切り抜き機能を使ったスナップ

こちらもドラッグ&ドロップではありますが、スナップ機能がオフになっていても簡単に縦横中央に中心線ガイドを置けます。やり方は簡単。

実は切り抜きプレビュー画面なら、定規から持ってきたガイドが縦横中央でピタッとスナップされます。

まず切り抜きツールで範囲指定せず適当な場所を左クリックし、切り抜きプレビュー画面に。

あとは中央にガイドをドラッグ&ドロップし、トリミングはせずに切り抜きを確定させればオッケー。(Ctrl+Enter)

普段スナップ機能をオフにしている方で、いちいちオン / オフを切り替えるのが面倒な方にはいい小技。

まとめ:簡単!ガイドを縦横中央に置く方法 4種

  • 「 新規ガイドレイアウトを作成 」か「 新規ガイド 」をアクション登録するとスマート。
  • その都度手作業で中央ガイドをおく場合はスナップ機能か切り抜きプレビュー機能を使うと便利。

ちなみに手作業で置く2方法もアクションに登録自体はできます。

が、スナップの場合は絶対位置で覚えてしまうため、画像サイズがアクション登録で使った画像と違うとズレて中央ではない場所に置かれてしまいます。

切り抜きプレビュー機能を利用した方法だと切り抜きまで入れてしまうため、画像サイズがもっとひどいことになるのでオススメしません。

やはり「 新規ガイドレイアウトを作成 」か「 新規ガイド 」をアクション登録&がオススメ。これらの方法なら画像のカンバスサイズが異なっていてもちゃんと縦横中央にガイドを引いてくれます。

アクションに登録できればショートカットキーも使えるようになり、バッチ機能で大量ファイルの縦横中央に一瞬でガイドが置けるメリットも大きいですね。

縦横中央にガイドをガンガンおいて、Photoshopの作業効率上げていきましょー!