docomo スピードモードがオンかを確認する方法

2018年1月5日

docomoのスマホオプションスピードモード

スピードモードとは、月の通信量が契約プランの上限を超えた際に、自動で1GB分追加購入するオプションです。

手動で購入した時と同じく1GB 1000円かかるのでメリットが薄く、気づかないうちにどんどん使ってしまう危険性の高いオプションです。

今回はご自身がdocomoのスピードモードに入っているか確認する方法を解説します。

お手持ちのスマホから簡単に確認可能で、docomoショップへ行ったり電話をかける必要はありません。

My docomoアプリ

mydocomoアプリから確認

My docomoアプリにdocomo IDを登録してあれば簡単に確認できます。

  • My docomoメニューアプリを開く
  • データ通信量をタップ

当月利用可能な容量にスピードモードの表記があればスピードモードに入っている状況です。

なお、もしMy docomoに登録していないかIDやパスワードがわからない場合はdメニューからも確認可能です。

dメニューから確認

  • dメニューアプリを開く
  • トップページ or メニューのMy docomo(お客様サポート)
  • ログインしていなければ、dアカウントにログイン
  • 料金・データ量の確認
  • データ通信量の詳細を見る

データ通信量の詳細に今月使える通信容量の欄があります。ここにスピードモードの分が表示=スピードモードが有効ということです。

(途中dアカウントにログインが必要になります。パスワードがわからない場合は調べておくか、どうしてもわからない場合はリセットして再設定しておきましょう)

docomo スピードモードの加入状況確認方法まとめ

  • スピードモードオプションに入っているかはdocomoに問い合わせずとも、スマホで確認可能。
  • My docomoアプリ、もしくはdメニューのMy docomo(お客様サポート)ページにて確認できる。
  • 通信容量をひんぱんに追加購入しているようであればプランを変えたが方がお得。
  • 契約内容を見直し、スピードモードは解約がオススメ。

先述の通り、メリットが薄くむしろ無駄にお金を支払うことになるデメリットのあるオプションです。

年に1度や2度程度ならともかく、毎月のように追加容量を購入しているようであれば契約プラン自体を変えた方が良いでしょう。

例えば、月の容量制限が5GBデータMパックは月額5000円ですが、20GB使えるウルトラデータLパックが6000円です。

データMパックで5000円+1000円出して6GB使うくらいなら、最初から20GB使えるウルトラデータLパックに6000円出した方が断然お得。

そういった無駄にすら気づかない可能性があるので、スピードモードはオフにしておいた方がオススメです。