スマホ用 WordPressアプリがGENERIC_ERRORで更新できない

2017年12月29日

WordPressアプリのGENERIC_ERRORとは?

iPhoneやandroidなどスマホには、簡単に記事の更新や編集ができるWordPressアプリが用意されています。

便利で私もGalaxy Note8に入れて使っているのですが、時折GENERIC_ERRORと表示され、更新できない時があります。

GENERIC_ERRORの謎

WordPressアプリで出てくるGENERIC_ERRORとは?

WordPressアプリで出てくるGENERIC_ERRORとは?

WordPressアプリで記事を新規投稿、もしくは投稿を編集し保存ボタンをクリックした際にGENERIC_ERRORが出る場合があります。そしてその記事は ” 下書きを端末に保存しました “、” ローカルに保存しました ” などと表示され、正常に更新がなされません。

もともとWordPressアプリの機能としてネットにつながっていない時に更新や投稿を行うと、下書きやローカル(端末上)に保存されることはあります。

その場合はネットがつながっている状況で再送信ボタンを押せば正常に更新や投稿がなされるのですが……

GENERIC_ERRORが出た場合は何度やりなおしても送信されません。

GENERIC_ERRORの対処方法

ロリポップサーバーのWAFを切ってみる

私の場合、GENERIC_ERRORが出た原因はロリポップサーバーのWAF機能が原因でした。

WAFとは「 ウェブアプリケーションファイヤーウォール 」の略で、要はセキュリティを高めるためにレンタルサーバー屋さんのロリポップが用意している機能。

以前PCブラウザ版のWordPressでもロリポップのWAFが原因で更新ができない(更新ボタンが押せない)ことはありましたが、今では解消されています。

が、どうやらWordPressアプリでは一部問題になる場合があるようです。

ロリポップサーバーにログインしWAFを無効にしたらGENERIC_ERRORは解消されたので、WordPressサイトをロリポップサーバーに置いている方は試してみてください。

WAFの切り方は別記事で画像つきで詳しく解説していますので、上記テキストだけではよくわからなかった方は下記関連記事をご参考になさってください。

ブラウザからWordPress管理画面にログインして更新する

ロリポップのWAFを無効にできない状況 or したくない場合。

またはWAFをきってもエラーが解消されない場合は、アプリ経由ではなく普通にWordPressにログインし更新すれば良いかと。

アプリの ” 管理画面表示 ” ボタンからWordPressに直接ログインし、投稿(更新)した内容をコピペしちゃいましょう。

今のWordPress管理画面はスマホの表示にも対応したレスポンシブ仕様。正直アプリ無しでも十分すぎるほど使いやすいので特に問題を感じません。

強いて不満をあげるならいちいち管理画面にログインするのが面倒なことですが、ブラウザ上にログインIDとパスワードを登録しておけば解決する問題です。

アプリを入れ直してみる

GENERIC_ERRORでなくても稀に再送信できないバグが出ることはあります。その場合、一度WordPressアプリを入れ直せば投稿できるようになることもあります。

ただ、私の場合はGENERIC_ERRORが出た記事は、アプリ自体インストールし直してもサイトを入れ直しても再送信できませんでした。

アプリの画面下の方に ” 管理画面表示 ” ボタンがあるので、GENERIC_ERRORが出た投稿は直接WordPress管理画面から投稿するかWAFを切ってアプリを使うようにしましょう。

WordPressアプリで起こるGENERIC_ERROR 対処方法まとめ

  • WordPressアプリでGENERIC_ERRORが出た記事は、アプリ経由では更新ができなくなる。
  • 原因はロリポップサーバーのWAF設定。無効すればGENERIC_ERRORの記事でも更新、投稿可能。
  • WAFを無効にできない or したくない場合はアプリの ” 管理画面表示 ” から投稿することで対処可能。

GENERIC_ERRORが出ずに投稿できない場合でもロリポップサーバーのWAF設定が原因であることが多いです。

WAFを無効にするためにはいちいちロリポップにログインしないといけないので、面倒な場合は最初から無効にしておくか、ブラウザ版のWordPressから投稿・編集すると良いでしょう。

皆さまによきWordPressライフがあらんことを。