【ライフハック】Lightningケーブルをボールペンのバネで保護する方法

iPhoneの充電ケーブルの保護にはボールペンのバネを使う

Lightningケーブルはボールペンのバネで保護できる!

なにかと断線しがちなLightningケーブル。

ですが、実はボールペンのバネを使って保護することが可能です。

とはいっても正直ちょっと面倒ですし、今どきはLightningケーブル用のプロテクターが送料無料、数百円で何セットも手に入ったりします。

楽だし安いし、どちらかといえばプロテクターの方がオススメ。

  • 価格   ¥ 260
  • メーカーKOZEEY
  • 販売者 STKショップ(7-14日でお届け致します)

なのでわざわざボールペン裏技を使うのはそこまでオススメはしませんが、一応やり方を解説しておきます。

Lightningケーブル、ボールペンバネの巻き方

バネの先をニッパーで切る

そのままでは巻けないので、バネの先を片方切る。

ボールペンのバネを取りだしても、大抵の場合両端が閉じているためそのままでは巻けません。

巻く前に先っちょを切る必要があります。

ニッパーを使い先っちょのクルクルしている部分をカットしてください。

両方切っちゃってもいいですし、巻き始める側だけでもOK。

なお、切った後は指に刺さるので注意してください。特に爪と肉の間に入るとぎゃああああ。

バネをLightningケーブルの先をひっかけ、ぐるぐると巻きつけていく

先を引っかけてくるくると巻いていく。

あとはバネをLightningケーブルに巻いていけばオッケー。ばね全体を引っ張って少し伸ばしておくとやりやすいです。

最初のひと巻きが結構大変ですが、根気よく。

切った先っちょをひっかけるようにして1周できれば、くるくるとバネを回すだけでどんどん巻きついていきます。

しつこいようですが爪と肉の間に入ると本当にぎゃあああなのでそこだけ注意してください。マジで。

断線寸前のLightningケーブルと保護されたLightningケーブル

完成。そして使ってみた。

そうして完成したのが画像の一番右のヤツ。

同じ時期に3つ買って一個だけ保護してみました。

一番左のは車で使っていたもので、もう首の皮一枚でつながってるって感じですね。車の中はヘビーな環境だから仕方ない。

そして真ん中はバネを巻いたものと一緒にベッドサイドに置き、毎晩交互に使ったヤツです。

保護されていない真ん中のLightningケーブルは断線しかかっていますが、バネで保護した方はあまり傷んでいないのがお分かりいただけるかと。

Lightningケーブルをボールペンのバネで保護する方法

  • ボールペンのバネを取りだし、先を切る。
  • 切ったバネの先をLightningケーブルに引っかけるようにして巻いていく。
  • バネの先が爪と肉の間に入ると悶絶級に痛いので注意。

冒頭でも申し上げた通り、プロテクターの方が断然楽ですし、値段も数セットで数百円程度とか大したことはありません。

無理してボールペンのバネを使うよりプロテクターを購入する方をオススメします。